Privacy Policy

DASH BOARD

Portal
INTEGRATION|MEDICAL PLATFORM

APPEAL POINT

院内の画像と文書の統合

院内に分散した画像や文書をひとつに集めることで、対象のデータを探す手間を大幅に減らすことができます。
該当する患者の全てのデータが一画面に集約されているため、いつどのような検査を行ったのかひと目で確認することができます。
すでに部門システムを導入している場合は、部門システムの専用Viewerをポータルから直接起動し、今までの操作性を損なうことなく運用可能です。

分散した各部門システムの統合

対象の患者を俯瞰的に参照することができます。
ひと目見るだけで、今までの画像を簡単に確認することが可能になりサムネイルをクリックすることで、該当するViewerを起動し即座にデータを確認することができます。

画像ファイリング

DICOMに対応していない自科検査

DICOMに対応していない超音波や内視鏡、眼科や耳鼻科、産婦人科の自科検査機器のデータを取り込み専用ツールを使用することで、簡単にファイリングすることができます。

デジカメ画像やPDFデータの取り込み

デジカメ画像は、弊社専用のスマートフォンアプリケーションを使用することで安全に取り込むことができます。DASH BOARD上にドラッグすることでデジカメ画像やPDFを取り込むこともできます。

既読管理

DASH BOARDに保存されたレポートはすべて既読管理対象となります。
放射線や内視鏡、病理レポートといった検査レポートを統合的に既読管理することで、院内のレポートの見落としを包括的に防ぎます。

未読アイコン

DASH BOARDで表示された患者の画像サムネイルに既読アイコンが表示されます。ひと目で対象患者のレポート既読の進捗を確認することができます。また未読リストボタンを用意することで直感的に、患者を横断した自身の未読件数を把握することが可能になります。

未読通知アラート

DASH BOARDを起動していない場合でも、電子カルテ等のログイン時に未読アラートを表示することで、注意喚起を行うことができます。
未読アラート画面をクリックすることで自身が依頼した検査オーダーの未読レポートを直接起動することができます。

未読一覧リスト

安全管理室や管理者等は院内全体の検査レポートの未読進捗を一覧で確認することができます。重要度や一定期間経過した検査レポートを把握することで主治医等に注意喚起を行うことができます。

Export Mode

紹介検査画像の書き出し

紹介用の検査画像の書き出しにはDASH BOARDを使用することができます。
ExportModeに変更することで、院内のどこからでも
DICOM画像や汎用画像と文書をDiscに書き出すことができます。