Privacy Policy

Carbuncle

QA
PDI Importer + Exporter

APPEAL POINT

放射線部門の画像を整える

放射線科の画像管理に、必要な機能を実装したCarbuncleは、Tag編集等のゲートウェイ機能に加えて本格的な、検像システムとしてもご使用頂けます。さらに煩わしい紹介患者の、CDインポート・エクスポートも簡単に行えます。わざわざインポーター・エクスポーターシステムを別に購入する必要はありません。Carbuncleは放射線業務に必要な機能を1つのシステムに収めました。

作業する場所は問いません

Server & Client

2つの役割が一つに

検像業務と紹介用CDの取り込み書き出しが一つになりました。余計なコストを省くことができます。

Server/Client Type

Server/Client。
院内のどこからでもCDの取り込み書き出しが可能になります。

院内のどこでも

Disc Import / Export

煩わしい紹介患者のDiscの読み込み書き出しも簡単に行えます。わざわざインポーターシステムを別途購入する必要はありません。複数の患者も選択可能です。
通常では一枚のCDには単一の患者のみを出力しますが、検診運用等の複数患者を一枚のCDに書き出す運用も可能です。また、出力先を複数指定することが可能です。パブリッシャー等を接続することで、研究用、患者用といった用途に合わせて出力先を変更することで、CDの書き出し渋滞を解消します。

紹介画像の取り込みと書き出し

Carbuncleは、PDI機能を実装しています。
さらに、Server/Client型により、院内のどこからでもCDの書き出しと取り込みが可能です。
紹介患者は紹介状とともに、画像が保存されたCDを持参してきます。総合受付や、地域連携室にCarbuncleを設置することで、スムーズに紹介状の保存と画像保管を行うことができ、放射線科でのCD取り込みや、書き出しの負担を軽減することができます。

配信前の画像や患者属性の確認

DICOM Viewer

検査依頼に対して、目的の画像を撮影できているかどうかは検像業務に必要不可欠です。Carbuncleは過去の画像と比較することで、シリーズの並び替えや体位を確認しながら検像業務を行えます。
予め、対象の患者の過去画像をCarbuncleの中に登録しておくことで、過去の画像を参照しながら、検像行為を行えます。
過去比較を行うことで、より正確な撮影画像を依頼医へ返却可能です。また、複数シリーズ存在するCTやMRIでは、シリーズの並び替えやイメージNoの振り直しといった機能が役立ちます。